浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いですね

2006年08月05日(Sat) 16:32:16

なんだか信じられないような暑さです。
体にこたえるので、なるべく外出は控えているのですが、
冷房をかけた部屋の中でさえわかるくらいの暑さ。

さすがに仕事もなかなかする気が起きず、
今日の午前中、ひさしぶりに「灰色の王」を少しまとめて進めました。
来週は少しは涼しくなるのでしょうか?

夏ですから、暑いのは当然ですが、
いくらなんでも異常では?

そうそう、先日おしらせした「魔女の鉄鎚」の件ですが、
とっくに文庫になっていて、
その文庫版の増刷ということでした。
記憶力の減退を感じます。
スポンサーサイト

やっと着手

2006年06月29日(Thu) 17:08:48

「みどりの妖婆」にようやく着手できました。
ちょっと疲れがたまっていたようで、
眼の前にゲラがありながら、
手をつける気になれないと言う状態。
でも、今日取りかかり、思ったより進めることができました。
このあと、順調に進むといいのですが。
「光の六つのしるし」より分量もかなり少ないので、
少し楽観しています。

今のところは順調

2006年05月13日(Sat) 13:53:33

あと51ページになりました。
少し肌寒くて何か羽織るくらいのほうが仕事ははかどります。
足が冷えるとだめですが。

ところで、今まで、コメントを非表示にしていましたが、
定期的に表示することにしました。

ゲラにはこれ!

2006年04月27日(Thu) 10:51:11

20060427105111
ぺんてるのハイブリッドという赤ペン。
ここ5、6年、ゲラ校正にはこれと決めています。
書き味がとてもなめらかで、インクのボタ落ちもありません。
筆圧が強いほうなので、仕事で使うとなると、
疲れてしまうペンは苦手なのです。
手紙やメモにはDr.グリップを使うことが多いですが。

ちなみに今は、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「ダークホルムの闇の君」の訳者校の真っ最中。
といっても、今回は、前に文庫で出したものを、
子供向けに単行本化するためなので、
漢字を一部ひらがなにしたり、
難しい言い回しを簡単にする程度の作業ですが、
文庫でも結構厚みのある作品だったので、
字が大きくなってひらがなが増えると、
そのぶんページ数も増え、
なかなか終わりが見えません。

上下二分冊で夏頃には出る予定です。
続編の「グリフィンの年」も単行本化が予定されています。

まさに満開

2006年04月25日(Tue) 11:27:09

20060425112709
庭のエニシダの愛らしい黄色の花が満開です。

ほんとうは、
「バスカービル家の犬」の舞台になったイギリスのダートムアに、
2月頃に咲くハリエニシダが欲しかったのです。
それだと地を這うような感じで、
黒に近い濃い緑の葉っぱなのですが、
日本では手に入りにくいということで、
ふつうのエニシダに。
今は、黄色い蝶の大群を思わせるこっちの種に満足しています。

もっと低いアングルから撮ったほうがよかったかしら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。