浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこにいるだけ?

2006年01月29日(Sun) 11:55:36

20060128222724
うちの主たち

携帯からの送信のテストも兼ねて画像を送ってみました。
熊はハンフィー。
れっきとしたハロッズのテディベアなのに、
どことなくふくれっつらだなと思って買ったら、
かたっぽの耳が後ろ向きについていました。
そりゃあふくれたくもなるでしょう。
11年前にロンドンの空港で、恐ろしく体調不良だったときに、
眼が合ってほっとけなくなったのです。

梟はジョナサン・ウォル・フーちゃん。
ファンのかたからのプレゼントと、
断言できる唯一のもの。
海外に出かけるときはスーツケースに入れていきます。
ちびだけどハンフィーよりも先輩です。

ふだんはどっちも窓辺に鎮座してるだけです。

最近、きぬ太という犬が加わりましたが、
まだまだ貫禄負けで、スリーショットはいつのことになるやら。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。