浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリマガジン書評

2006年03月30日(Thu) 14:51:12

かなり事後になってしまいましたが、
三ヶ月に一度書いていたミステリマガジンの書評を、
先月発売号で最後にしました。
理由は、本探しの大変さです。

実は、あのコラムは、
毎回、執筆者が自分で本を探してくるのです。
コラムでも何度かぐちりましたが、
最近は洋書店が減り、残っている店でもミステリだけの棚があるところが少なく、
一般文芸の中からそれらしいタイトルを探すのは結構たいへんでした。
しかも、あっても数が少ない。

いきおい、インターネットで海外から取り寄せることになります。
だのにイギリスミステリと限定して検索をかけると、
出てくるのはアガサ・クリスティーの重版ぶんばかり。
その中に埋もれている、あまり知られていなさそうな作品を、
あらすじや読者レビューを頼りに取り寄せるのですが、
そうやってなんとか十冊くらい集めても、
読んでみると半分は書評に取り上げるほどの作品ではありません。
やっとのことで数点、このどれかならと絞り込んでも、
すでによそで取り上げられた本や作家は原則として避けることになっているため、
編集さんに相談した結果、没になるものも出てきます。
そしてようやく、締め切りの数日前に、
今月はこれでいこうという一冊が決まるわけです。

時には、本当によかった作品がどれも、
ちょっと古すぎる、同じ作家の別の作品が近々訳出されるなどの理由で没になり、
三番手ぐらいの100%満足しているわけではないものに決まることもあります。
もちろん、それもかなりふるいにかけた中から残った作品なので、
長所はたくさんあり、書くのに困るわけではないのですが、
あの○○のように酔いしれることはできなかったなあという思いが、
何がなしつきまとうことは否めません。

この本探しに疲れ切ってしまってやめるというのは、
まことに勝手な理由で、
楽しみにして下さっていたかたには申し訳ないのですが・・・。

もし、原書でもいいから探して読みたいというかたがいらしたら、
比較的最近、取り上げたもののうち、
The Grenadillo BoxとMr Timothyは、
書評できるうれしさにうっとりさせてくれた作品で、
本当におすすめです。
スポンサーサイト

新曲ですと?

2006年03月29日(Wed) 13:19:13

今朝の新聞やワイドショーで、SMAPの新曲が出ると知りました。

毎回、まともに通して聴けるまで、はらはらものなのです。
いろいろな期待や希望が混ざり合って、
しっとりしたのも好きだけど、踊れる曲も好き、
応援ソングもいいけれど、あまり若すぎるとかえって照れるかしら、などと・・・。

今回のは、資生堂のCMとタイアップだそうですから、
テンポは早くてもきれいな曲調になるのでは、などと思っています。
化粧品会社とのタイアップは、「胸騒ぎを頼むよ」以来ですね。
あれも春らしくてやわらかくて好きな曲でした。
でも、当時のメンバーは、年長二人がまだ23歳でしたから、
少し背伸びしないとならない曲だったかもしれません。

実は、Flyや俺明日のような、ハードな曲が好みだったりするのですが、
あの名曲Flyが、意外にファン受けはそうよくないように思います。
もしかして、SMAPファンの多くは、いまだにアイドルアイドルした歌が好きなのでしょうか?
「はじめての夏」とか、「君色想い」とか、あの辺が?
嫌いではないけれど、成長したSMAPにはもっとしゃれた大人の恋の歌を歌ってほしいです。
アルバム曲で言うなら、You're My LoveやSong2、
踊れるテンポのものならFlapper、A Song for Your Love、Sweet Summer Surfing Seasonのような。

それにしても、予想より早い新曲リリースでした。
木村さんがクランクアップしてからレコーディングしたのでしょうが。
今回はそんなにばたばたでもなくできたのでは?

そして新曲が出れば、次はアルバム、そしてツアー。
これからがスマファンはお財布とにらめっこの時期です。
お仕事しなくては。

何をかける?

2006年03月28日(Tue) 14:34:53

ゆうべのラジオで、定番の食品に調味料として何をかけるかが話題になりました。

わたしが何をかけるかなんてことに興味のある人はいないと思いますが・・・

目玉焼きには・・・塩・こしょうです。
最初から塩こしょうされている場合はもちろん何もかけません。
強いて言えば、とろとろの黄身をそのものが調味料?
実は白身だけで満足なのですが。

生のキャベツには・・・ソースがあればソース。
それ以外はマヨネーズです。
ソースがある時というのは、トンカツを頼んだときや、
お弁当のおかずに揚げ物が入っていて、ソースの小瓶がついてきたときですね。
ソースとマヨネーズの両方というのも、実は捨てがたいところです。

トマト・・・マヨネーズです。
なくても食べられますが。

コロッケ・・・昔はしょうゆ一辺倒でしたが、近年はソースのことがふえています。

サラダ・・・種類にもよりますが、マヨネーズかサウザンド・アイランド。
ごまとマヨネーズのドレッシングなんて最高。
去年、初めて市販のドレッシングを買ったら、
刻んだタマネギとごまとマヨネーズのバランスが絶妙で、かなりはまりました。

納豆・・・基本的に食べません(嫌いというわけではありません)が、
食べるときはちょろっとしょうゆを垂らして、
絶対にかきまぜずにごはんに載せて、一気にかきこみます。
ねばねばが耐えられないので。

読み返してみたら、マヨラーのような感じになってしまいましたが、
決してそんなことはありません。
むしろ、何もかけなくても平気というほうで、
あえてかけるならということで選んだ結果です。

だいたいわたしは、ざるそばのつゆにもネギを入れない、
フライにもレモン汁をもかけない、おでんにもからしをつけないという、
かなり徹底したメインの料理主体人間なのです。
最初から、ソースやたれをかけることを前提にしている料理は別ですが。

では、昨日のラジオのお題の最後にあった、
周りは驚くけれど自分の中ではあたりまえの組み合わせはというと、
これはおそらく世界中で、驚かないのはうちの家族だけでしょうが、
オートミールに小麦胚芽とピーナツバターと蜂蜜と牛乳をかける、というものです。
オートミールに蜂蜜(または砂糖)と牛乳というのは、
英米ではごく普通の組み合わせですが、
小麦胚芽は健康志向の強いうちの父親が考えついたこと、
そしてピーナツバターは、
オートミールをいやがって食べないわたしたち子供に食べさせるために、
やはり父親がひねりだしたアイディアです。
これがまんまと当たりました。

どこかにも書いたかもしれませんが、20年ほど前、香港でひどい風邪をひき、
昼までもちこたえれば帰りの飛行機に乗れるという日の朝、
ホテルのビュッフェでふらふらになりながら、
これなら流し込めるかもとオートミールを取ったのですが、
テーブルに置いても今ひとつスプーンを手にする元気が無く、
ふと思いついて、ウエイターに「ピーナツバターありますか?」と聞きました。
「ございます」と言って姿を消したウエイターが、
明らかに砂糖壺とわかるものにピーナツバターを美しく盛って戻ったのは、
10分以上たってから。
おそらく、常備していないものとはいえ、
真っ青な顔をした客が希望しているのに「ない」とは言えないと、
買いに行ってくれたのだと思います。
さすがシャングリラ・ホテル。
オートミールに載せて、蜂蜜をかけて、牛乳とよく混ぜて、
あったかいなあ、ありがたいなあと思いながら食べて元気が出ました。
ソウル・フード・・・魂の食、ですね。

今でも、ホテルが真に一流であるかどうかの基準は、
ピーナツバターはあるかと聞かれて、
眉一つ動かさずに、「ございます」と答え、
多少時間がかかっても持ってきてくれるかどうかだと思っています。
日本のホテルで試したことは一度しかありませんが、
その時の返事は「申し訳ございません。置いておりません」でした。

「蜂の巣にキス」

2006年03月27日(Mon) 14:06:11

土曜にキャロルの「蜂の巣にキス」の再校が終わりました。
4月下旬に刊行予定です。

キャロルは最後に訳出した「天使の牙から」以来、何年ぶりかという感じで、
その間に、最初の「死者の書」から担当だった編集のHさんは、
現場を離れ、東京創元社の社長になってしまわれました。
東京創元社の本でほしいものがあると、
昔のよしみということで厚かましくも直接社長に電話して、
「○○を一部送ってほしいんですが、代金は印税相殺してくださあい」なんて言っているのですから、
わたしもいい度胸です。

「蜂の巣にキス」は、キャロル作品としては最も、
ミステリに近い気がします。
訳者献本も、ファンタジーやSF関係のかたばかりでなく、
ミステリ関係のみなさんにもお送りしたほうがいいのかもしれませんが、
そこまでするほどばりばりミステリではないのですよね。
わたしは昔から、ミステリとファンタジーを近いものとしてとらえてきましたが、
一般的にはファンタジーとSFを近いくくりでとらえている人のほうが多いでしょう。
ミステリ畑のかたにわざわざ献本して、
「ミステリとしては弱い」などと斬られてしまうのも悲しい気がします。

これが出たら、次は短編集「パニックの手」の文庫版が出る予定で、
おそらく来月早々にも、そちらのゲラが届くはずです。

あと、途中まで進んでいるジル・チャーチル、
そして一冊を残すのみとなったピーター卿ものも年内訳了をめざしていますが、
体力的に厳しいものがあります。
元気がありあまっている頃にばんばんやっておけばよかったのですが、
途中で木村さんという史上最強の麻薬にはまってしまって・・・
それに、元気がありあまっていた頃は、
ただでさえ年に七冊とか出して、
「バケモノ」呼ばわりされていましたからねえ。
「バケモノ」は「バケモノ」を呼ぶのでしょうか(木村さん、お許しを!)

咲いた咲いた

2006年03月25日(Sat) 13:12:10

20060325131208
庭のあんずがきれいに咲きました。
去年、花がほとんど終わってから植えたので、
咲いてくれるか心配だったのですが。

花のやわらかな美しさ。
梅よりこれにして正解でした。

早く来い来い12月

2006年03月24日(Fri) 14:03:53

まだ3月だというのに、12月が待ち遠しいというのは、
どういうことかと思われるでしょうが、
これは全木村拓哉ファンの偽らざる気持ちです。

今週発売の「Weeklyぴあ」に映画「武士の一分」の記事が掲載と、
すでに前号で予告があったので買ってきました。
正直言って、大きくて半ページぐらいの扱いで、
内容も他誌と大差あるまいと思っていたのですが、
あにはからんや、見開き2ページを割き、
読み応えのある記事になっていました。

撮影現場にマスコミが入れたのは一日だけだったようで、
同じ日の同じ撮影のことを書いているのは他誌と変わらないのですが、
木村さんの演技にじかにふれた記者のかたが、
その感動をなんとか伝えようと、言葉を模索し、
心をこめて書いたものなのがわかる文章になっていました。

どうやら「ハウル」で木村さんの声の表現力を初めて知ったかたらしく、
そこに集中して書かれた内容は、
どんな名優でも読んで嬉しく思わずにはいられないもので、
ましてや前々から木村さんの七色の声を愛するファンにとっては、
涙ものの記事でした。

併せて掲載された山田洋次監督の言葉も、
片言隻句でなくある程度の長さがあったので、
文脈や監督の言いたいことがよくわかるものになっていました。
おかげで期待はますますふくらみ、
12月までおとなしく待っていられるか自信がなくなってきました。
待てなくても、だからといって公開が早まるわけではありませんが、
秋公開予定だったのに、期待度に合わせて正月映画にしたという、
松竹の判断がいささか恨めしいです。

一ヶ月ぶり、そしてWBC

2006年03月23日(Thu) 12:29:47

一ヶ月ぶりのブログです。
体調が悪くてネットもほとんど携帯ばかりでした。

21日は夫婦でWBCをテレビ観戦。
韓国戦のとき、夫は別の、録画してあるものを見たがって、
しかたなく、その合間合間、
つまり、夫がトイレに行くときとか、
電話に出ている間とか、そういう時に、
急いでチャンネル切り替えて野球中継を見たんですが、
そのやりかたで、いいところを一つも見逃さなかったのです。
いえ、松中の二塁打だけは、切り替える直前だったので全部は見られませんでしたが、
それ以外は全部、ヒットも美技もデッドボールも代打も、
すべてリアルタイムで見ることができました。

というより、わたしが見ていると日本がいいところを見せる・・・?

それなら何が何でも決勝戦も見なければと思い、
これはさすがに夫も一緒になって、
はやばやと飲み物やおつまみを用意し、
二人してテレビの前に陣取りました。
10時ごろに「今のうちに」と近くのスーパーに買い物に行った夫によれば、
みんな同じことを考えたのか、異様に込んでいたそうです。

あまのじゃくにも、「俺はキューバを応援する」と言っていた夫も、
一回の表で満塁になったときにはすでに日本に鞍替えしていました。

野球にそれほど詳しいわけではありませんが、
新婚旅行の最中に近くであったドラゴンズの試合を見に行ったり、
東京ドームのこけら落としに行ったりしています。
昔のライオンズとドラゴンズが好きで、
今は特にどこのチームのファンというわけでもなく、
いい試合が見られればそれでいいという感じです。
SMAPのコンサートに行くので野球に割く時間もお金もないというのが本音ですが。

それでも決勝戦はいい試合だったと思いました。
単なる打撃戦でなく、
美技やみごとな走塁も見ることができました。
川崎選手と西岡選手という、今後見守っていきたい選手もできました。
それにもまして、他の選手と全く違うイチローの鍛えられた体にほれぼれしました。
守備の合間にも屈伸をしている姿にも。
今までちゃんと見たことがなかっただけによけい。
やはり野球選手としてプロ中のプロ、一流中の一流だと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。