浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑っていいとも

2006年04月03日(Mon) 14:20:36

家で仕事をしていると、
昼食時間は「笑っていいとも」を見ていることが多くなります。
4月になり、レギュラーの入れ替えなどが始まったのですが、
今日はその第一弾といいますか、
先日のスマスマにゲスト出演していた「カリスマ主婦モデル」なる人が、
新レギュラーとして登場していました。

まあ、他のレギュラー出演者によるその人の持ち上げ方のすごいこと!
デビュー時の写真から今までのもの数点が紹介され、
ご本人はさして照れるでもなく座っていましたが、
気の毒だったのは前からのレギュラーの坂下千里子ちゃん。
比較され、出された写真がまたわざわざ、特殊な扮装をしたものばかりで、
みごとな脚線美にも誰一人ふれず、
わたしが客席にいたら、「チリちゃん、かわいい!」と声をかけたのにと、
あまりのいじられぶりに同情してしまいました。

別に今に始まったことではないので、
そういうスタンスのタレントとして売ることで、
事務所も本人も納得しているのでしょうが、
チリちゃん自身がいつも悲しそうな顔になるので、
見ていて気になってしかたがありません。
「王様のブランチ」でがんばっていたころから見ていて、
好感を持っているからかもしれませんが。

もっとも、オープニングでさんざんちやほやされた新レギュラーさんも、
他のコーナーではゲストのBoAさんにカメラが集中し、
全員が並んで座っているショットでは見切れることの連続でしたから、
おそらく帰宅してビデオを見たらびっくりするでしょう。
バラエティですから、面白い発言やリアクションを見せなければ、
年齢の割にスタイルがいいだけではすぐに飽きられます。
それにしても、どこがカリスマと言われるほどいいのか、
わたしには全くわかりません。

「いいとも」は時々、実に変わった人選をします。
橋田壽賀子さんがレギュラーだった時などその最たるもので、
あわびが好きでないというタレントに、
「本当に高級な店で食べてないからよ」と、
お金のある人ならではの無神経な発言をするなど、
同じくあわびを好かない人間としては、
怒るのを通り越してあきれた記憶があります。

そこへいくと、若手の芸人を起用した時などは、
緊張していたのが次第になじんでいく様子がほほえましく感じられます。
その辺の落差を番組はねらっているのでしょうか。
スポンサーサイト
前の記事
ひさびさにドキドキ
次の記事
プチ自慢

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fineandclear.blog48.fc2.com/tb.php/38-7fdb372e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。