浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再開

2006年04月23日(Sun) 19:22:50

軌道に乗ってくるまで書かないでおこうかと思ったのですが・・・

チャーチルの翻訳を再開しました。
まだ一日、二、三ページしかできませんし、
毎日というのもおぼつかないのですが、
じわじわやっていけば、いくらなんでも夏までには初稿は上がるのでは・・・?

取らぬ狸の皮算用はいけませんね。
スポンサーサイト
前の記事
まさに満開
次の記事
新曲

コメント

先日は失礼いたしました。
先日は心ない書き込みをしてしまい、申し訳ありませんでした。いろいろご事情があったんですね。このシリーズが大好きで、毎月創元推理文庫の新刊案内を見るたびに、ああ今月もない。ああ今月も・・・とがっかりを繰り返していたものですから。発売されるのを楽しみにしています。
by マジグリーン
URL
2006-04-26 水 21:47:01
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fineandclear.blog48.fc2.com/tb.php/44-0cbfdbae
ウソですww
新一年生の担任ともなれば、当然、その保護者との関わりが重要です。我が中学に息子、娘を預けるわけですから、保護者とも意思疎通はしっかりとらなくてははいけません。誤解がないように言っておきますが、そういう意味で物色していたんです。
2006-04-23 Sun 20:03:34
奈保美
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。