浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳者校正

2006年01月30日(Mon) 18:42:53

Kissing the Beehiveを脱稿したのはいつだったか調べてみました。
2003年の春! もうじきほんとに丸三年なんですね。

脱稿からゲラ校正まで、こんなに時間があいたことは初めてかもしれません。
普通は、いいところ三ヶ月ぐらいで、
早いときは一ヶ月足らずでゲラが来ますから、
こちらもまだ訳文が頭のさほど奥でないところに残っていて、
あまり違和感なく読み進めることができます。
そのせいで、明らかな入力ミスを見逃してしまうこともあったりするけれど。

今回ほど間があいてしまうと、
自分の訳とはいえほとんど初めて見るようなものです。
新鮮です。
スポンサーサイト
前の記事
先が思いやられる
次の記事
今のお仕事

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fineandclear.blog48.fc2.com/tb.php/6-8666c3e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。