浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルは知っていた

2006年06月12日(Mon) 17:15:42

先日の木村拓哉さんのラジオ番組「What's Up SMAP」で、
スマスマにマイケル・ジャクソンが緊急出演した時の裏話などがありました。
段取りをつけたプロデューサーに木村さんが電話し、
交渉の様子などを聞いたのですが、
プロデューサーは、マイケルがSMAPのことを知っていたと証言しました。

木村さんはもちろん信じなかったのですが、
プロデューサーは本当だと主張し、
「彼らは僕のことを知っているのか」と逆に聞かれたとも言いました。

その話題はそれ以上ひろがらず、ネットでもあまりふれられていないようなのですが、
わたしは本当だと思っています。
ひとつには、プロデューサーがそんなことで嘘をつく理由がありません。
また、ジョークでそういうことが言えそうな人柄でもないようです。

でも最大の理由は、知っていておかしくないからなのです。
マイケル・ジャクソンはハリウッドやアメリカ音楽界の多くの人と親交があります。
そのなかにはマドンナやアース・ウインド&ファイアーもいるはずです。
そしてスマスマには、過去に多くのアメリカのビッグスターが出演しています。
マイケル・ジャクソンともなれば、相当な情報収集能力、
または収集チームがないはずはありません。
単に友人として会って話すだけかもしれませんが、
「日本はどうだった」といった話になったとき、
「これこれの番組に出た」と聞かされていても不思議はありません。
ひとりふたりなら、それだけで忘れられてしまうでしょうが、
何人もが同じ番組、同じグループの名前を挙げていたらどうでしょう。
「SMAPという名前、前にも聞いた」とか、
「こいつもSMAPとやらの番組に出たのか」と、
次第に頭の中にインプットされ、特に自分から調べたりはしなくても、
プロデューサーが「SMAPというグループの番組に出てくれないか」と言ったとき、
「あっ、聞いたことがある!」と思ったとして、
なんら不思議はないのでは・・・とわたしは考えます。

もしかしたらお愛想で話を合わせてくれただけかもしれません。
でも、礼儀のつもりでそういうことをする人なら、
OKを出してから三時間も人をロビーで待たせはしないのでは?
この矛盾が、本当にSMAPの名前だけは、
どこかしら耳にしたことがあったのだろうと思わせるのです。
SMAP、おそるべし。
スポンサーサイト
前の記事
改訂復刊
次の記事
訳了しました~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fineandclear.blog48.fc2.com/tb.php/61-eea45a3a
ダイアナ・ロス&マイケル・ジャクソン 幸せだったあの頃
映画「Wiz」から「Ease On Down The Road」 これは1981年のダイアナ・ロスのテレビスペシャルにマイケル・ジャクソンとクィンシー・ジョーンズがゲスト出演したときの模様です。マイケルはアルバム「Off The Wall」が大ヒットした直後、あのモンスターアルバム「スリラー
2006-06-14 Wed 15:50:42
blog EVERGREEN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。