浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニックの手

2006年07月21日(Fri) 15:39:29

「パニックの手」の増刷がはやばやと決まりました。
うれしいんですが、「蜂の巣にキス」でなくてこちらのほうが、
というのが少し驚き。
「蜂の巣にキス」のほうは、今までのキャロルとは少し違うからでしょうか?

「灰色の王」の改訂に着手しました。
気候不順のせいにしてはいけませんが、
少しペースダウンぎみです。
スポンサーサイト
前の記事
増刷
次の記事
発送ずみ

コメント

The Land of Laughs
はじめまして、えこと言います。

もうずいぶん前のことになりますが、かつては Jonathan Carroll に夢中でした。Carroll 作品そのものの良さもありますが、浅羽さんの訳がすごく良くて、何度も何度も、読み返した覚えがあります (トーマス・アビィが「笑いの郷」に夢中だったように!)

偶然、こちらのホームページを拝見し、思わず書き込んでしまいました。これからも素晴らしい翻訳で多くの読者に海外作品の良さを教えてあげてください。

Carroll & 浅羽さんファンの一人として、いつまでも応援しています。
by えこ
URL
2006-08-15 火 19:45:00
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fineandclear.blog48.fc2.com/tb.php/72-cb3dba00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。