浅羽莢子のFine, Peace!

文芸翻訳家のぐうたらブログ。これなら続くかも。 100%真実を述べているとは限りませんが、たぶんいろんな意味でイメージダウンでしょう。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章

2006年01月31日(Tue) 17:50:47

いま、ここを覗いてくれた奇特なかたのブログをお返しに覗いてきました。
味のあるみごとな文章でした。
このブログでの、ここまでの自分の文章を反省。
なんといっても、文章を書いて生計立てている人間が、
慣れないブログとはいえ、あまりにもブザマな文章ではないか、と。

ブラウザで表示される文字が大きすぎることも関係があると思うのですね。
このページが適切な大きさで表示されるようにすると、
よく行く他のサイトの字が小さくて読めなかったりするため、
ついつい、大きいほうに設定してそのままで使っていましたが、
文章というものは、最低でも二十行くらい一度に見られないと、
リズムというものが非常につかみにくい。

ということで、今のこれは、表示文字サイズを一段階小さくして書いていますが、
これだけで打ち込む速度がもう違ってきました。
タッチタイプができるのに、表示サイズで速度が変わるわけがないと思われそうですが、
大きな文字のせいでぶつ切り状態になった文が並び出すと、
幼児向け絵本の、ひらがなオンリーの分かち書きを見ているような錯覚に陥り、
頭もブツッ、ブツッ、ブツッとつっかえつっかえにしか動いてくれない。
やはり文章を書くにはそれなりの道具立てが必要なのだと実感しました。

ですます調で書いていることも、多少は影響しているのかもしれません。
ですます調でなければいけないということもないのでしょうが、
書評やあとがきでは、わたしの場合、である・だ調が普通なので、
ひとつくらいはですます調で書いてもいいのではと思ったのですが、
それがあだになっているかもしれません。

だんだん慣れて、腹が立ったことやうれしかったことを、
構えずに書けるようになってきたら、
おのずと文体も変わってくる・・・に違いない・・・と思っています。

それにしても今日は言い訳ばかり書いていますね。
実はゲラも原稿も進んでいません。
罪悪感があるから、こういうところでも言い訳がましくなるのでしょう。
Freudian Slipの一種とでも言いますか。
スポンサーサイト
前の記事
ひさびさに映画
次の記事
お髭はなるべく最小限に

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fineandclear.blog48.fc2.com/tb.php/9-4c9b99b5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。